忍者ブログ
仕事柄さまざまなウェブサイトを利用する事があります。 利用したウェブサイトの感想を淡々と描いて行こうと思います。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
私は以前、仕事中に突然奥歯が痛くなり、かなりの激痛で何もできないような状態になりました。
予約の電話もしないで、携帯で越谷の歯科医院を探してそこに飛び込みました。
急患です。
見てもらったところ、以前違う歯科医院で治療していた奥から2番目の右下の歯が虫歯になっていました。
見た目にはまったく何もなっていないのですがかなり進行していました。
それもそもはず、銀歯でかぶせて治療してあり外からは全然わからないのです。が、銀歯の中はかなりひどい状態でした。
歯医者さんに色々説明を受け、なぜ虫歯になるのか小学生にでも言い聞かせるように歯医者さんは私に言い聞かせ私は納得し、再治療をし、その他小さな虫歯等も全て治療しました。
全ての虫歯を直すのに約半年ほどかかりました。
突然伺ったその歯医者さんは幸いいい歯医者さんでしたので、今は虫歯は一本もありません。
というのも、毎月一度定期健診にいって見てもらっているからです。
そして、いくたびに歯の磨き方がわるいと怒られて磨き方を教えてもらっています。
最近では毎月行くのが億劫になってきていますが、ここでいくのをやめるとまた虫歯になるまでいかなくなるので、やはり行こうと思います。
PR
私の友人(大分年上ですが)は、20代で1度目の結婚をし、30代前半で離婚しました。
子供はおらず、まだ若いからと遊び、30代後半で焦りだしたそうです。
私達の仲間内での話になりますが、女性は友達が結婚しだす24~25歳くらいで1度 早く結婚しないと!と焦ります。
でも、それを乗り越えると遊びたくなり、また35歳くらいで焦りだすと言う結果になりました。(本当に仲間内での話です)
それで、最初に書いた友人も、35歳を過ぎた頃から焦りだし、婚活パーティーに出席したそうです。
地元の役所等が主催の婚活パーティーで、地元の男性と知り合えるという会が、一泊二日で行われたそうです。
会費は男性が数千円、女性は無料だそうです。
一緒にバーベキューをしたり、お餅つきをしたり、もちろん順番にお話をしたりするそうです。
その友人は、2度目の結婚が目的だったので、まず年収を重視したそうです。
そこで、地元の大きな建設会社の社長と知り合い、連絡先を交換し付き合い始めたそうです。
地元は、自衛隊基地もあるので、自衛隊の方や、消防、警察、学校の先生など、本当に色んな方が参加していたそうです。
その友人は、二年後に結婚し、まだ子供はいませんが新築で豪邸を建て、新しい旦那さんと幸せに暮らしています。
私は、24歳で、普通に結婚し、子供が二人いる主婦です。
この友人の話を聞くまでは、どんな人と知り合うか分からない婚活パーティー等は怖くて、不安が大きいので参加したいとは思ったこともなかったのですが、この友人の話を聞き、婚活パーティーも悪くないなと思いました。
私の妹もまだ独身なので、近場であれば、是非オススメしようと思っています。
京都の実家近くに大きな物流倉庫が出来ると聞いて、大学時代に倉庫でピッキングのアルバイトをしていたことを思い出しました。
春と夏の長期休みになるとしていたのでかなりの期間していたことになります。
倉庫は駅から10分ほどのところにあり、かなり広いエリアで、私は学校の教材を配送する部門で働きました。
3段くらいの棚に副教材が格納された段ボールが種類ごとに山詰みされていました。
学年別と教科別に分かれていて、大手の会社が良い場所と広いスペースを占めてしたので、ピッキングするときにその会社を支持した伝票にあたると歩行する距離が短くなるのでラッキーでした。
集めた副教材は買い物かごみたいなもので運びますが、量が多いと手押し運搬台車を使います。送付する段ボールに収集した副教材を詰め込み出荷しますが、パレットに積むのは倉庫で働く正社員の人がフォークを使用します。
倉庫の出入り口のシャッターはいつも解放されているので夏は蒸し暑く、冬は凍えるほど寒くなります。扇風機や石油ストーブはありますが役にたりません。倉庫の配列はほとんど変更することはないので、一度場所を覚えてしまえば最短距離で集めることができます。
働いている人はほとんどアルバイトで、近所の主婦がいましたが学生も多かったです。副教材は大きなドリルもあり紙ですが重たいので力仕事といえます。高い棚には脚立を使いますが、ほとんど男性が作業をしていました。
夢のマイホーム。理想とは違う形で手に入れたものの、毎月の支払いはやって来る。
一人暮らしの私がマイホームを購入したとなると、もちろん一人で支払うわけで、何が何でも払い続けなければなりません。
無理な返済は禁物とボーナス払いをしないように契約をしました。住宅ローン契約には生命保険に入る事も条件になっていたので、私に何か起こっても安心だと思っていました。
それが突然わが身に降りかかってくるとは思っていませんでした。突然の病気、ガンではありません。
頭の病気でしたが大事にはいたりませんでした。しかし、世間はそうもいきません。
仕事はパートにされてしまうし、勤務時間は減らされる。
そうなると、現実問題として収入が減る。
支払いが出来ないとなります。
どんなに体は大丈夫だと訴えても働かせてもらえず、時期をみて正職に戻すという口約束を鵜呑みに2年、貯金を切り崩すのも限界に達してしまいました。
それでも返済は待ってはくれない、状況は悪くなるばかりです。
ネットで同じような状況の人を調べましたが、任意売却を行い、サービサーへの債権譲渡の対策など、家を手放した体験談が余計に心臓に悪く...
ローンが払えなくなったら、という現実が頭をよぎります。
今を打破するためには職場を変えるしかないと思うのは私だけでしょうか?そこで、思いつめた私がとった行動は退職です。
転職をしてフルタイムで働ければ支払いは大丈夫になるはず。
たまたまスキルは身についている、仕事さえ決まればやっていけるはず。退職届を出したとき、経営者には退職を引き留められないのは、再発を恐れているからなのだろうと思いました。
同僚には以前からフルで働かせてもらえるように頼んでるのにと労わりの言葉を貰いました。とにかく現実的に収入を増やさないと迷走中です。
ネットで車を売ると言ってもオークションや個人売買の話ではありません。

マイカーの買い替えの下取りというのは、中古車買取り専門業者に売った方が断然高いという話です。

これは以前から買い替えの度に気にはなっていたのですが、ディーラーの下取りの場合、買い替えの最終詰めで「じゃあ下取りを上げましょう。」という話になった場合、結局他のオプションや値引きで調整されているという事があったのです。

また、ディーラーの場合、年式や走行距離、タイプ、状態で一律に相場が決まっているのですが、クロカン4WDやチューニングベース車、海外需要のあるタイプの車などは専門業者によってチェーン店やディーラーとは全く違った見積もり査定が出る場合があります。

東京で「車売る 見積もり」と検索して、一括査定サービスを利用してみると判りますが、買取り業者の得意分野(販売ルートの有無)によって数万円、時には数十万円の違いが出る事を私もこの目で確認しました。

東京都内の業者なら、地方よりもさらに販路が多彩で、直接売買ルートのある業者が多いのでかなり思い切った価格を提示してくれる業者もいます。

もうすでに売ると決まった車ですから、同じ条件なら1万円でも高く買ってくれる会社の方が良いですよね。
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 無味感想 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]