忍者ブログ
仕事柄さまざまなウェブサイトを利用する事があります。 利用したウェブサイトの感想を淡々と描いて行こうと思います。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
学生時代の友人と会ったときに、良否が払えなくて二人で治験に参加した時の話をしました。
その時は、臨床試験の重要性など頭にもなかったのですが。大人になってみて、自分たちは結構社会的な貢献をしていたのではないかという話になりました。
治験は、日本で販売される薬を製造するために、必要なとても重要な工程です。
実験台にされるような怖いイメージがある方もいるかもしれませんが、治験で実際に使用される薬は、すでに海外では認可済みのものや、安全性が確認されている薬の服用量を決めるための試験など、安全性の高い試験がほとんどです。
そして、過去の臨床試験で、どのような副作用が出たことがあるかなども詳細に事前に説明があります。
何か途中でわずかでも異変を感じた場合や、もし自分で辞退したくなった場合でも、いつでも辞退を申し出ることができます。
万が一、何か通院しなければならないような不測の事態が起こった場合も、その治療費は保証されます。
治験は、通院だけのものから、数か月に渡って入院する試験まで、様々なものがあるので、まずは治験の専用サイトに登録しておくといいと思います。
参加するには、簡単な身体測定や検診があります。
一般的なBMIを満たしていて、直近でサプリメントや薬の常用がない、健康的な人であれば誰でも参加できます。女性の募集もありますが、男性の募集の方が多いようです。
検診を通過し、詳細の説明を聞き、参加するということになれば、いよいよ入院ということになります。
入院となると、他の入院患者さんとは違う階で入院します。自由に外出はできませんが、本を読んだり、漫画を読んだり、テレビを見たり、臨床試験の時間以外は、自由に過ごせます。
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 無味感想 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]