忍者ブログ
仕事柄さまざまなウェブサイトを利用する事があります。 利用したウェブサイトの感想を淡々と描いて行こうと思います。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
以前同じ会社に勤めていて、一昨年くらいに誰もが聞く企業にヘッドハンティングされて退社した友人と久々に飲むことになりました。
友人は人柄は全く変わっていませんでしたが、やはり身なりと言いますか、スーツの生地やカバン、靴などパッと見てもよいものを身に着けているなという小ぎれいで都会的なビジネスマンになっていました。
食事も若干お高めで入ったことのなかったレストランで、あとは六本木のラウンジに行きました。
私も社会人歴が長いので会社の2次会でキャバクラに付き合ったりしたことはあるのですが、ラウンジ(しかも会員制)というのは未知の世界です。
場所柄内装もかなり豪華ですが、違うなと思ったのは客層と女性です。
女性は若い子が多いですがギャルギャルしい?感じはなく上品で、お客さんも年齢層高めかちょっとしたお金持ち風の方がきれいに飲んでいる印象で、私の知る夜の繁華街とは空気が違いましたね。
帰りのタクシーで 六本木 恵比寿 西麻布 ラウンジ求人を見てみましたが、時給も普通の接客業とは比べ物にならないほど高く、待遇もよいのです。
女性もかなり厳選されていそうなので、誰でも働ける感じではなさそうですが、この待遇なら通常夜働かないような子でも求人に応募があるのも納得でした。
PR
師走の忙しい時期にネットの調べものをしているのですが、お正月に帰省する時までに浜松市内の司法書士のリストを持ってきてくれと親から頼まれていて、これが結構大変です。
というのも、司法書士って言っても依頼したい仕事によって結構違うんですよ。
私が頼まれて探しているのは相続と遺言のスペシャリストの事務所ですが、別に都内の司法書士でもいいんじゃないのと思っていました。
でも、例えば財産分与をするために遺言書を作成したりという仕事は本人や親族が関わるので専門家への相談もテンプレート通りに終わるということは無いらしく、全員の了解を得たり、説明を事前にする必要があったりという事で地元に拠点がある必要があるのです。
今回の件も不動産の登記状況や将来的な名義変更の問題、遺産相続に関する遺産分割協議書の作成など浜松市内で何度か打ち合わせが必要な内容でしたので、祖父と私の両親、叔父3人が住んでいる市内の事務所で探すように言われています。
そんなの、おじさんか誰かの方が知ってるんじゃないのと思ったのですが、祖父が言うにはできれば付き合いの深い法律事務所ではなくて完全に第三者の方がトラブルもないのではないかという事でした。
そこで、アルファオフィスという司法書士、行政書士、税理士のスペシャリストが居る比較的新しめの事務所に連絡してみることにしました。
一応リストを持ってきてと言われていても、これはという所には事前に相談くらいしておいた方が話もスムーズだろうという事で、そのことを父に言うと、それはいい考えなので資料などを送って貰えたらよろしく頼むよと言われました。
ちょっと余計な作業を増やしてしまったなともいますが、遺産の相続ならいずれ私も関係するかもしれませんので...。
不動産投資というと定年後のサラリーマンなどが退職金を使って始めてるという印象が強いかもしれませんが、最近では若い世代も積極的に不動産投資への関心が高まってきています。
その一因は、ここ数年で不動産の価値が上昇していることがあげられます。
一時期は不況の影響もあり不動産の投資としての価値は価格として下落傾向にありましたが、復興や再開発などの影響もあり不動産の人気が復活しています。
そんな背景もあり若い世代まで浸透している投資ですが、若い世代がこれに一番のネックになる初期の資金はどうすればいいのか気になること多いのではないでしょうか。
それを解決するために、最近では収益不動産での投資のセミナーなどで勉強をしてから始めることで失敗のない投資ができるように知識をつけることが大切です。
また、収益不動産用の予測ツールで、狙いの物件周辺エリアの人口予測をチェックするなど、データ収集を怠ってはいけません。
特にこれまで投資をしたことがない率が多い若い世代には欠かせないことではないでしょう。
またここ数年で銀行でのローンも以前より若い世代も組みやすくなっていて、けして安くはない不動産投資への足がかりができています。
このチャンスを生かすのが将来のために無駄ではないでしょう。
知識のないままおこなうのではなくて、セミナーで正しい方法を認識したうえで、負担の少ない不動産投資の方法を考えていくのがいいでしょう。
私の中学受験なんですが相当前の話になります(笑)。
学校の生徒は300人ほどで、大体50番ぐらいの成績でした。
実は今私の子供が受験の準備中で、今必死に中学受験家庭教師ガイドを見ているところなのですが、私の時も家庭教師の先生にお願いしていました。
ちなみに教科は数学、国語、英語を週1回していました。
そこですることは試験前になると、学校の過去問題をさせてもらえたことです。
その問題を完璧にすれば、それだけでそこそこの点が取れていました。
それ以外にも、数学は計算の数をこなし、社会、理科は暗記していました。
国語は苦手でしたので、学校でもらったプリントを丸暗記していました。
英語は単語を暗記ですが、私の先生は海外留学経験もあり、かなり教え方がうまかった記憶があります。
私は小学校の時は成績がかなり悪かったのに希望校に行けたのですが、やはり思い返してもその時の家庭教師の先生に出会わなければあまり勉強することはなかったかもしれません。
未だに感謝している人の一人です。
引っ越しのときにみなさんが重視するポイントは何ですか?
私は引っ越しがとても好きで、年に3回も引っ越しをした時期もありました。
基本条件は日当たりや立地、そして家賃が好条件であることも大切です。
私はやっぱり日当たりのいい部屋がいいので、上の階に住むことが多かったです。上の階だと虫も出にくくなると言われていますが、経験では5階以上の部屋で蚊が減るという感じですね。
コンビニや駅が近い物件も魅力です。自分の必要としているものが、物件の周囲にどれくらいそろっているか、これは必ず調べたほうがいいと思います。
住んでみて開拓するのも引っ越しの面白さのうちの一つだと思いますが、3キロ歩いて何もありません、とならないような下調べも必要です。
一番気に入っていた部屋は東大和市の賃貸でしたが、多摩都市モノレールの「桜街道」駅のすぐ近くで便利でした。
仕事の都合で引っ越しましたが、それが無かったらづっと住んでいたと思います。
私のこだわりを書き連ねてしまいましたが、どんな物件にも必ずセールスポイントはあると思います。
自分の求めている条件と物件がなるべく近いものを選んで、素敵な新生活を始められるといいですね。
HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 無味感想 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]