忍者ブログ
仕事柄さまざまなウェブサイトを利用する事があります。 利用したウェブサイトの感想を淡々と描いて行こうと思います。
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [3]  [2]  [4]  [1
老後の資金として、サラリーマンの場合3000万円程度は用意が必要だとよく言われている。
しかし、それはあくまで定年退職から年金受給までの期間に必要な生活資金+年金受給後の予定外出費に対する蓄えとして最低限の支出から計算したもの。
サラリーマンであれば、退職金があるので2000万円程度もらえるとすればだいぶ楽になると考えている方も多いが、不景気な時代もあるので、転職や倒産などにより、一生涯同じ職場に勤めることは以外と難しく、退職金も期待するような額ではないのが現実。
年老いたらとくに遊ばないので200万円もあれば生活できる。というような意見もありますが、日本人の平均寿命はどんどん延びており、実際定年直後の年齢ならまだまだ若くて元気だろう。
 
はたしでその後の生活を200万円で収めていくことができるのか?
 
老後の主な収入源は公的年金となりますが、本当に将来予定通りの年金をもらえるのか不安です。高齢化社会を迎えるため、年金の受け取り額は確実に減りる。
年金に期待をするのではなく、自分でしっかりと老後のための資金を確保しておくことが大切。
預金を地道に増やすことは有効ですが、もしあなたがそう思い立った時30代なら年間100万円に全く手を付けずに積み立てていっても30年後にギリギリ3000万円、その金利は微々たるものだと思う。
 
正直、こんな地道な方法に疑問を感じないのは日本人くらいなものだ。
年間100万円を貯金する事が出来るという状況の場合、欧米の資本主義先進国なら迷わず積立投資で資産を運用します。
どんなに利息の少ない安定したポートフォリオを組んでも、その資金なら5000万円以上は楽に増やせるはず。
日本なら、いつかはゆかし と言った海外ファンドへの積立投資サービスが、30年の長期運用で年間10%を目標することができるサービスであり、欧米のスタイルに近い資産運用方法だと言える。
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 無味感想 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]